2023年3月25日土曜日

床は固いのがお好き その3 -フロア&デコア(FND)の2022年度-

For fiscal 2022, 10 of our 14 merchandising departments posted positive comparable sales, led by Building Materials, Plumbing, Millwork, Paint, Hardware, and Kitchen and Bath, which posted comparable sales above the Company average. Our Indoor Garden, Outdoor Garden, Appliances, and Flooring departments posted negative comparable sales.

THE HOME DEPOTの2022年度版10Kレポートより、下線はK.による

もしかしたらホーム・ディーポ(HD)のフロアリング関連を苦しめているのかもしれないフロア&デコア(FND)の2022年度をレビューします。ただLowe’sのフロアリング関連の売り上げはずっと好調のようなので、まだなんともいえませんが。

2023年3月22日水曜日

害虫防除がサイエンスの域に達するとき その8 - ローリンズ(ROL) -

The 3rd Man's  Fundの老舗メンバーの米国の害虫・害獣防除(ペスト・コントロール)のローリンズ(ROL)をレビューします。

2023年3月14日火曜日

プールサイドにて その1

2022年末でThe 3rd Man's  Fundの6%を占めていたプール・コーポレーション(POOL)をレビューします。

2023年3月6日月曜日

スパイスのない人生なんて 8 - マコーミック(MKC)の2022年度 -

 世界中でトウガラシの刺激的な辛さが好まれるというこの不思議な現象には、多様な食物に手を加えて調理し、それを仲間と共に食べる、ヒトという動物の特徴がよく表れている。私たちはただ腹を満たすためではなく心を満たすため、日々の料理にスパイスを効かせるのだ。

出村政彬 『辛い!の科学』 日経サイエンス 2022 5月号

我らがThe 3rd Man's Fundの2022年末におけるポートフォリオの首位打者であり、なおかつOperation Jupiterの旗艦企業でもあるマコーミック(MKC)の2022年度の結果を振り返ります。

2023年2月22日水曜日

Ride on グローブライド

私の実家はかなりの田舎で、中学に入るまでは、夏休みはもっぱら川で遊んでいました。遊ぶといっても、魚を獲るのがメインになります。魚の獲り方はおおむね3つに分けられます。

2023年2月17日金曜日

その投資先、市場は創られているか

レッドブルのための市場は存在しない。我々がこれから創造するのだ。

ディートリヒ・マテシッツ

エナジードリンクのレッドブルの創業者、マテシッツ氏が創業当時のプレゼンで述べた言葉だそうです。クールですね。

2023年2月12日日曜日

ワン・ステップ・ビヨンド その2 -ステップ(9795)のレビュー‐

 知能指数(IQ)は一世紀以上のあいだ、世界のあらゆる地域で一〇年ごとに三ポイント(標準偏差の五分の一)のペースで上昇しつづけている。

<中略>

ごく平均的な現代のアメリカ人が過去にタイムスリップし、エドワード朝〔一九〇一 ー 一九一〇年〕のイギリスにひょっこり降り立ったら、その人はそこで出会うフロックコートを着て髭を生やした紳士の九八パーセントよりも知能が高いことになる。 

 スティーブン・ピンカー 『21世紀の啓蒙 下』 草思社 

学習塾のステップ(9795)の事業報告が送られてきたので、レビューします。

2023年2月9日木曜日

保有株式のフォローアップ

 投資判断は数字や利回りだけで下すべきではない。配当利回り、配当性向、株価収益率(P/E)、投下資本利益率、フリー・キャッシュ・フローといった数値の分析は行うが、これらの数値は物事を単純化しすぎていると感じている。すべての道はローマに通じるというように、どんな手法や数値を用いても最終的には安いか、高いかの判断に行きつくわけだが、定性的な分析の重要性の方が高いと思う

by アンソニー・ナット、Roald W.Chan 『価値の探究者たち』 山本御稔・小林真知子・訳 きんざい 

とはいえ私のような数字が苦手な個人投資家が株式を評価する際、どうしたって定性的なところに偏重しがちです。投資は「儲け」を出すことが大前提なので、やはり定期的に数字はきっちり押さえておいて、ある程度客観的に獲得・維持・放出の判断を下さないといけません。理想は永久保有の無回転ポートフォリオなのではあるが。

2023年1月2日月曜日

投資家K.のアニュアルレポート 2022 後編 ー  シン・サードマン ー

「それで、ちょっと考えてみて。もしあなたが、誰かと一緒に車で長い旅行をするとするわね。パートナーを組んで、ときどき運転を交代する。それでそういう場合にあなたは、相手としてどちらのタイプを選ぶかしら。運転がうまいけれど注意深くない人と、運転はあまりうまくないけれど注意深い人と」  

村上春樹 『スプートニクの恋人』 講談社文庫 
昨年まではThe 3rd Man's  Fundいざ・波に分けていましたが、『投資家K.のアニュアルレポート 2022 前編』で書いた通り、株式投資にかけるリソースを極力少なくするため、ひとつに統合します。シン・サードマンですね。2022年末のポートフォリオは以下の通りになっています。

2022年12月31日土曜日

投資家K.のアニュアルレポート 2022 前編

だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。

マタイによる福音書 6章34節

2022年は、ひたすら仕事の追われて過ぎていきました。6月から年末に至るまでほぼ半年、精神的にも肉体的にもかなり厳しい日々が続きました。いや、もうまいりました。40歳代でけっこうのんべんだらりと仕事をこなし続けてきて、スキルを磨いたりすることを怠ったのが、今になって祟ってきています。