2022年1月16日日曜日

投資家K.のアニュアルレポート 2021 (後編 Eyes on the Horizon )

Wise men say
Only fools rush in
George Weiss / Hugo Peretti / Luigi Creatore 『Can't Help Falling In Love 
Eyes on the Horizonと題し、我が投資活動の2021年の展望をみていきます。ちなみにFeet on the GroundとEyes on the Horizonは、Deere(DE)のアニュアルレポートによく使われていたフレーズです。最近はどうだか知らないけど。

2022年1月10日月曜日

投資家K.のアニュアルレポート 2021 (前編 Feet On the Ground )

I've been to Hollywood

I've been to Redwood

I crossed the ocean for a heart of gold

I've been in my mind

It's such a fine line

That keeps me searching for a heart of gold

Neil Young 『Heart of Gold』

2021年でいちばん大きな出来事は、ムスメ(6.9歳)が小学校(公立)に通い始めたことですね。3歳にして人に取り入る術を身に着けているっぽいムスコ(3.5歳)と違い、ムスメはなかなか小学校に適応するのに苦労しています。

2021年12月31日金曜日

インデックス投資を広める方法

You see -- all our people are business men, their loyalty is based on that. Now, one thing that I learned from Pop was to try to think as people around you think. Now on that basis, anything's possible.

『ゴッドファーザー part II』

年末になると家族が寝静まったとに観てしまうんですよね、映画の『ゴッドファーザー』。

さて、せんだって今年最後のブログ更新と書いたのですが、年末年始にどうしても仕事の都合上メール等をチェックしないとだめなので、帰省先のワイルドワイフの実家にパソコンを持ち込んでいます。日本以外は、とくに私のカウンターパートがいる地域は、あんまり正月は休まない所なので。

で、ヒマなのでついでにそのパソコンでブログを書いております。

2021年12月27日月曜日

『いざ・波』の2021年12月

来るべき(もはや到来済み)日本での少子高齢・多死社会を見据え、一見ネガティブに見えるその潮流を逆手にとって資産を築くことを目論んいる『いざ・波』ファンド。

令和三年十二月の結果を確認します。(正確には12/27終了時)

なお『いざ・波』の名前の由来はこちら

2021年12月26日日曜日

サードマンの収入明細(2021年12月)

我が家の3番目のProfit Center、サードマンの収入のアップデートです。なお配当履歴のページも更新しています。サードマンの由来はこちら

2021年12月22日水曜日

ポートフォリオのフライボール革命 -日本エス・エイチ・エル放出へ‐

理性に従って、自分で考えろ。仮説を立て、証拠を挙げて検証せよ。

マイケル・ルイス 『マネー・ボール〔完全版〕』 中山宥・訳 ハヤカワ・ノンフィクション文庫

いよいよ年の瀬も押し迫ってきましたが、最近ポートフォリオを少し再編成をしつつあるので備忘録的に直近の動きと考えを述べてみます。

2021年12月19日日曜日

ワン・ステップ・ビヨンド その1 -ステップ(9795)のレビュー‐

「寒月さんも理学士だそうですが、全体どんなことを専門にしているので御座います」「大学院では地球の磁気の研究をやっています」と主人が真面目に答える。不幸にしてその意味が鼻子にはわからんものだから「へえー」とは云ったが怪訝な顔をしている。「それを勉強すると博士になれましょうか」と聞く。「博士にならなければ遣れないと仰っしゃるんですか」と主人は不愉快そうに尋ねる。「ええ。只の学士じゃね、いくらでもありますからね」と鼻子は平気で答える。

夏目漱石 『吾輩は猫である』 

2016年から保有している学習塾のステップ(9795)の事業報告が送られてきたので、レビューします。ちなみにこの会社の定時株主同会は藤沢駅前にあるステップ本部で開催されるので、神奈川県在住の私としては各駅停車の列車に乗って出かけていきたいところなのではありますが、いつも週末なので参加できません。土曜日に6歳と3歳の我が子供たちをほったらかして株主総会なんぞに顔を出したりした日にゃ、ワイルドワイフからどのような苛烈な報復をされるかわかったもんじゃありません。平日開催だと、有給休暇取ってコソっと行けるのですが。

2021年12月11日土曜日

サードマンの収入明細(2021年11月)

我が家の3番目のProfit Center、サードマンの収入のアップデートです。なお配当履歴のページも更新しています。サードマンの由来はこちら

2021年12月3日金曜日

『いざ・波』の2021年11月

来るべき(もはや到来済み)日本での少子高齢・多死社会を見据え、一見ネガティブに見えるその潮流を逆手にとって資産を築くことを目論んいる『いざ・波』ファンド。

令和三年十一月の結果を確認します。(正確には12/3終了時)

なお『いざ・波』の名前の由来はこちら

2021年11月26日金曜日

サードマンの未来 ーポートフォリオの収斂ー

まず進化は系列を作ります。変化したものがまた変化し、変化の上に変化が積み重なっていくので、変化へ系列化せざるをえません。次にその変化の幅がふくらんだり狭くなったりします。これを放散(divergence)と、収斂(convergence)といいます。放散は分枝とも分岐ともいい、種が多様に分化して枝分かれしていく過程です。収斂はその逆で、多様なものが似たものにまとまっていく過程です。進化現象というのは、だいたいこの二つが交互に起きます。一直線の変化というのは起きません。

立花隆 『サピエンスの未来』 講談社現代新書

『サピエンスの未来』で立花隆氏が紹介しているテイヤール・ド・シャルダンによると、万物の進化は放散と収斂が交互に起こるのだそうです。人類に当てはめると、内省的思考をはじめた時点で人間化がはじまり、自然に解体の方向に向かうエントロピーの法則に従って放散されていくものの、言語を獲得して集団での共同思考が始まると放散から収斂へとベクトルの転換が起こり、その収斂は放散を防ぐという消極的なものから収斂それ自体を目的とした積極的なものに変化していき、いずれ臨界点であるオメガ点へ収斂していくそうです。

図にするとこんな感じです。