2017年3月22日水曜日

ロッカールームにて -ゼネラル・ミルズ(GIS)とJMスマッカー(SJM)の比較ー

- Carlos, you've been traded to the Tigers.
- ...
- This is Jay Palmer's number.  He's the traveling secretary for the team. He is expecting your call.  He'll take care of everything.
- ...... Is that it?
- Yes.
- ...Okay.

映画『マネーボール』より

ゼネラル・ミルズ(GIS)とJMスマッカー(SJM)のどちらをThe 3rd Man's  Fundのコア銘柄の候補にするか、そろそろ決着をつけましょう。

2017年3月18日土曜日

デススター、反乱軍、そしてミルク殺人

Sir, we're detecting a massive object emerging from hyperspace.
映画『ローグ・ワン』より、忽然と現れたアレを目の当たりにした反乱軍兵士のセリフ
さて、ゼネラル・ミルズ(GIS)とJMスマッカー(SJM)のどちらをThe 3rd Man's  Fundのコア銘柄の候補にするか・・・を決めるにあたり、参考にしたい雑誌の記事があるので、それをちょっとみてみたいと思います。

2017年3月14日火曜日

コーヒーブレイク その3 - JMスマッカー (SJM) -

突然、視線がドリンクメニューに釘付けになる。「コーヒー一杯が三ユーロ五十セントだと!」と怒りの声を上げる。
「これはマルクの値段か?」
「空港だから、高いのは仕方ないですよ」シュトローブルが常識人ぶって言う。
「ありえない。家だったらこの値段で……」警部が暗算をする。「……四十杯は飲めるぞ。電気代と水道代を差し引いても三十杯だ。みんな、頭がどうかしてるんだ」

フォルカー・クルプフル / ミハイル・コブル 『ミルク殺人と憂鬱な夏』 岡本朋子・訳 ハヤカワ文庫

私が生まれて初めてユーロを使ったのは、昨年の夏に欧州に出張した際、乗り継ぎをしたフランクフルト空港のロビーのスタンドで買ったコーヒーでしたが、たしか一杯三ユーロ五十セントでした(関連記事『為替に対する考察 -欧州にてー』)。愉快な傑作推理小説『ミルク殺人と憂鬱な夏』は2003年にドイツで出版されてベストセラーになったそうなのですが、ふーむ、してみるとデフレで苦しんでいるのは日本だけではないのかな。

2017年3月5日日曜日

サードマンの収入明細 (2017年2月)

我が家の3番目のProfit Center、サードマンの収入のアップデートです。なお配当履歴のページも更新しています。サードマンの由来はこちら

2017年3月1日水曜日

ゼネラル・ミルズ(GIS)の最近

 やつらは変人だ。アルゴイにはおいしい昔ながらのチーズがいくつもあるのに、わざわざイタリア人を真似て、こんなボロボロに砕けるチーズを作るなんて。トマトソースをかけたパスタに削って振りかけるのは、スパイスとして許せる。だが、こんなふうにそのまま食べるのはどうかしている。クルフティンガーには、パルメザンチーズはルッコラやラテ・マキアートやアセト・パルミサコ同様、外国の食文化に精通し食通であると見せかけたい人間のための流行食材にしか思えなかった。
フォルカー・クルプフル / ミハイル・コブル 『ミルク殺人と憂鬱な夏』 岡本朋子・訳 ハヤカワ文庫
前回のエントリー『a day in the らいふ』で書いたように、今後数年間はThe 3rd Man's  Fundのコア銘柄というのを固めていきたいと考えています。すでに保有している銘柄から、これはと思うものを8銘柄ピックアップし、それに新規の資金、ならびに配当金を投入するつもりで、すでに7銘柄は選考済みです。残り1枠の候補が3つあるのですが、そのうちの一つ、ゼネラル・ミルズ(GIS)を、おさらいしたいと思います。

2017年2月22日水曜日

a day in the らいふ

 また豪奢なイメージのつきまとうファンド業界にあって、アインホーンほど規則正しく、つつましい生活を送っている人物は珍しい。日本人の駐在員が多く住んでいることでも知られるニューヨーク郊外のウエストチェスター郡に居住し、毎朝電車でマンハッタンのオフィスに通う。仕事はなるべく早く終わらせ、夕食はできるだけ家族ととる。2人の娘と1人の息子との時間を大切にする家庭人は、子供と同じ夜9時には就寝し、午前3時ごろに起きて自宅で仕事を始める日々を送っている。
川上穣 『リスク・テイカーズ』日本経済新聞出版社
最近忙しい。ブログを書く時間が確保できないだけでなく、銘柄の調査や四半期レポート等を確認する時間もなかなか取れない。由々しき事態である。

2017年2月4日土曜日

サードマンの収入明細 (2017年1月)

我が家の3番目のProfit Center、サードマンの収入のアップデートです。なお配当履歴のページも更新しています。サードマンの由来はこちら

2017年1月28日土曜日

老舗連続増配企業に祝福のKISSを その2 -プロクター・アンド・ギャンブル(PG)-

 彼女は集計をつづけ、彼はかごを持たずに商品棚を見てまわった。男はポール・ニューマンも、どんな醜男も、それだけはおなじだ。安全剃刀の替え刃を買いに来て、最後はかかえきれぬほどの品をかかえこむくせに、決してかごを取ろうとしない。
ジョン・ル・カレ 『ナイト・マネジャー』 村上博基・訳 ハヤカワ文庫
男たちの足をしぶしぶドラッグストアへ運ばせる、ジレットの替え刃を擁するプロクター・アンド・ギャンブル(PG)が復活の兆しを漂わせています。ああ、FY18のQ2の結果が出る前にこの記事を書きたかったな。

2017年1月16日月曜日

米国の連続増配当株式のセクター別調査 2016年末

David Fish氏によるDividend Champions Listをもとに、新春恒例の、10年以上連続増配している銘柄の増減をレビューしてみます。 投資するうえで、ほとんど何の参考にもならないかとは思いますが。

2017年1月7日土曜日

2017年の配当再投資 -マコーミック(MKC)の追加獲得-

でも今にきっとわかるようになる。この世界において、退屈でないものには人はすぐに飽きるし、飽きないものは大体において退屈なものだ。そういうものなんだ。僕の人生には退屈する余裕はあっても、飽きているような余裕はない
村上春樹 『海辺のカフカ(上)』 新潮文庫
2016年の配当金は$2,855.65、及び¥42,263でした。毎年恒例の新春行事である配当金の再投資は去年に引き続き2年連続でマコーミック(MKC)です。