2018年6月4日月曜日

David Fishさん、安らかに

David Fishさんが、先月亡くなられました。68歳だったそうです。

Dividend Growth Investorさんのブログの記事、『RIP David Fish』で知りました。


序に変えて』に書きました通り、David Fishさんが作成されていたU.S.Dividend Championsは、私がその投資方法を連続増配当企業への個別株式投資へ軸足を移してから、一番頼りにしてきた投資対象企業の検索ツールでした。


事実The 3rd Man's  Fundの構成企業は、日本企業を除くと、ほとんど全て氏が作成し、毎月更新されてきたリストからピックアップしてきたものです。


この素晴らしきスプレッドシートを開き、アニュアルレポートを読むに値しそうな企業を探していくのは、Used Book Storeで希少価値のある100円の古本を探して回るような愉しいひとときを提供してくれました。


また彼のシートをもとに書いた『米国の連続増配当株式のセクター別調査』という記事は、当ブログで一番アクセスのあった記事になっています。これは書いていて楽しかったな。この記事はシリーズ化をしていましたが、もう続けることはありません。


彼は長らくStock adviserやAccountantとして働かれたそうで、趣味はフラワー・ガーデニング、チェス、トランプゲームのクリベージだったそうです。


私の好きな人物に、ジョン・ル・カレの『ナイロビの蜂』(原題はThe Constant Gardener、フィクション)の主人公、ジャスティン・クエイルがいます。きっとDavid Fishさんも、クエイルと同じように、困難な仕事に対し、物腰柔らかく丁寧にあたられたんじゃないかなと推察しています。

ご冥福をお祈りしますとともに、感謝の気持ちをささげたいと思います。


David Fishさん、ありがとうございました。


0 件のコメント:

コメントを投稿